誰も呼ばなくて良い

新郎新婦はもてなす側

結婚式の主役は、新郎と新婦です。
しかしゲストはわざわざ時間を割いて来てくれているので、しっかりともてなさなければいけません。
さらに結婚式ではあまり会ったことがない親戚や、仕事の付き合いだけの上司も招待しなければいけません。
すると心が疲れるので、結婚式を十分に楽しめない可能性が高いです。

余計なストレスをなくすために、フォトウェディングを行いましょう。
フォトウェディングなら、ゲストを招待する必要はありません。
自分たちと、カメラマンがいれば実行できます。
その方がのびのびと撮影できるので、良い笑顔の写真になると思います。
派手な結婚式が苦手なカップルも、自分たちだけで行えるフォトウェディングがおすすめです。

両親を呼んでも良い

誰も呼ばなくて良いのがフォトウェディングのメリットですが、せめてここまで自分を大きく育ててくれた両親には、結婚式の姿を見せたいと思っているカップルが見られます。
その場合は撮影する現場に両親を呼ぶことも可能なので、スケジュールを確認したり、撮影スポットの詳しい場所を伝えたりしましょう。
ただ両親の足腰が悪くて、遠くまで移動するのが難しかったら、あとでフォトウェディングの写真を見せても良いと思います。
それでも、両親は喜んでくれるでしょう。

また親戚や友人、仕事の上司などにはフォトウェディングにしたことを事後報告すれば大丈夫です。
このようにシンプルに済ませられるので、フォトウェディングの人気が高まっています。


この記事をシェアする